現地の学校

今日はもう1点の不安「子供の学校」の事について

まず、私は海外で子供を学校に通わせる事に漠然としたイメージが
ありました。

それは、現地には日本人学校があってそこに通うという事です。

ネット相談などを見てみると、「現地校に入れるべきか?日本人学校に
入れるべきか?」という投稿を目にして、「英語を学ぶならやっぱり現地校!
日本人学校だと苦労しないから覚えない。」ようです。

「ふむふむ・・・そうだよなぁ~。やはり英語を学ばせるなら現地校
なんだなぁ~」とこれまた漠然と思ってました。

色々と掘り進めて見ると、現地校だと保護者がかなり苦労する事を知り
(当たり前だけど全てが英語なわけで)
「こりゃ厳しいなぁ・・・やっぱり日本人学校のがいいか」と思い直したりして
ました。
PTA活動も当然のことながらあるし(PTAって元々アメリカから来たもの)

ある程度、慣れてから移る方向でいいんじゃないかと・・・・。

そしたら ぬわ~んと 日本人学校がない!!!と言う現実が・・・

かなりビックリです。
海外と言っても先進国と言われている所から発展途上国の所もある
わけですが、少なくとも先進国と言われている所にはあるものだと思ってました。(正確にはあるんだけど、拠点とする場所に無い)

では、どうするのか?
平日は現地校、週末に日本人学校(塾みたいなもの?)に通ってるようです。

小さなお子さんをお持ちの方で、日本に帰国しようとしている方達は
ひらがな、カタカナ、そして漢字を覚えてもらわなくてはならないので
重要になるようです。

そういう状況になってくると次に考えることは
ELS対応学校と言うことになってきます。

私達が行くのはカリフォルニア州になり、カリフォルニア州では
学区制を採用しています。
学区制とは、住んでいる地域での学校の選択です。

なので、住む所を決めるのは非常に重要になってきます。
夫曰く、「1ヶ月ホテル暮らしをしながら家探しをする」のだそうです。
状況が許すなら夫婦で一緒に探すのがベストなんですが、
子供がいると無理なわけで、とーちゃんに頑張ってもらうことになりそうです。

現地スタッフとかがサポートしてくれるんだと思っていたのですが
アメリカは個人契約なのでサポート無しなのだとか・・・
そりゃないんじゃないのぉ(心の叫び)

不動産屋を見つけて見て回るか、個人で捜すか・・・・
現地で住んでる方たちは個人で探したそうです

ペットがOKな所が少ないとの情報もあって心配です。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック